ここでクリア
関連商品キーワード検索 :プラワンシー ハンスキン エチュードハウス BBクリーム ヘアワックス
ヘアアイロン 選び方 髪の毛 粉
RSS
 

ほうれい線対策には、正しい保湿ケアを

あるランキングをチェックしてみました。
それは、“アンチエイジング世代の女性が抱える悩みランキング”。

すると大体1位に輝いているもの。

それが、“ほうれい線”です。

ゴルゴライン等ともミドルエイジの象徴。
鼻の脇から伸びたラインを鏡で見るたびにガッカリしてしまう。
そのような女性の方は多くいらっしゃいますよね。

このほうれい線ですが、症状が深くなる前に対処!
これが実は大切なのです。

つまり、事前に防ぐ事。

特にまずは保湿が最大の課題。
数年後に大きな差が現れます。

是非、今日から正しい保湿を始めましょう。

■ローションパックでしっかり潤す!

“しわ”も“しみ”も“ほうれい線”にも通じる事。
それは、ほぼ全ての加齢トラブルの根源は肌の潤い不足。

加齢と共に水分が失われ、弾力が低下。
それが原因で若い頃には戻っていた肌の癖が戻らなくなっていきます。

まず、30代に入ったらさっぱり系の化粧水よりオススメのアイテム。
それは、保湿効果の高い、とろみのある“化粧水”。
こちらのご使用はいかがでしょう。

この時、表面だけ潤して満足してしまう人が多い傾向があります。
しかし、肌の奥に届かせる事が大切なのです。

その為にも化粧コットンに浸しての“顔パック”がオススメ。
最初からフェイスマスクの形をしたモノも販売されております。

それを利用して500円玉大の化粧水を浸す、。
その後、5分程度しっかりパックしましょう。

それ以上置くと逆に肌の水分が乾いたコットンに吸収。
かえって状態が悪化してしまう為、必ず時間を守ることがコツです。

■美容液で真皮層にはたらきかける!

真皮にまで成分が届く保湿対策として欠かせないアイテム。
それが“美容液”です。

スキンケアアイテムの中でも美容液は少量しか入っていない割に高価。
その為、クリームを利用する女性が多い傾向です。

しかし、どちらかしか購入出来ないとしたら、美容液を選ぶのが正解。
クリームは乳液で代用も可能。

しかし、美容液の代用品はないのです。

保湿美容液を1本、必ず常備しておきましょう。

また、化粧水での顔パック後のお肌は美容液を吸収するのに最適な状態です。

この時、是非、習慣にしたい事が「作業を2〜3回に分ける」事。
1回で全ての量を使ってしまうのとでは、肌への吸収率が違ってくるのです。

まずは1回分を肌に伸ばした後、指の腹で押し込むように馴染ませます。

特に乾燥の気になる目の周りや口元にはしっかりと行う事がオススメ。
数回に分ける事でお肌は全ての美容液の成分を確実に吸収してくれます。

その後、乳液やクリームで上から蓋をして完成。
但し、クリーム等での適量な油分の補給も念頭に置きましょう。

このようにして正しいスキンケアでほうれい線と無縁の潤い肌を目指しませんか。

※ほうれい線対策にオススメのアイテム!

詳しくはこちら

ほうれい線予防の4つのポイントとは?

加齢の象徴とも言えるほうれい線。
特に女性の方はなるべく目立つ前に予防したいですよね。

20代後半頃から予防対策のケアを実践。
そうする事でほうれい線の目立ちの速さをかなり遅らせる事が可能だと思います。

■保湿第一!

お肌の“保湿”の意義。
それは、しみ・しわ・ほうれい線という3大老化サインを防ぐ最も重要なケア。

乾燥して潤い不足が深刻になるほど皮膚の弾力が失われていきます。,br> そして、やがて、元通りに戻りにくくなってしまいます。

30歳に年齢が近づいた時、オススメしたい事。
それはヒアルロン酸やコラーゲンなどを配合した化粧水の使用。

適当にバシャバシャと量を多くつけるは避け、しっかり指の腹で押さえ込むのがポイント。

もしくは化粧コットンにたっぷり液を浸して顔パック♪
特にほうれい線が目立つ口元には重ねづけしましょう。

■紫外線対策!

紫外線は日焼けによるしみを作るだけではありません。
ほうれい線の大きな原因にもなるのです。

私たちの皮膚は表皮・真皮・皮下組織という3層構造で構成。
紫外線は外側にある表皮を通り越して、真皮層にまで達してしまいます。

すると、真皮層にあるコラーゲンやヒアルロン酸が破壊される事に。
これが原因で肌の弾力が失われていきます。
そして、ほうれい線が出来やすくなってしまうわけです。

勿論、お肌の水分も蒸発させてしまいます。

その為、乾燥状態も悪化。
しみ及びほうれい線対策としてもUVカットは非常に重要なのです。

■表情筋を鍛えましょう!

加齢と共に顔を構成する「表情筋」が弱まる事。
これもほうれい線の要因となります。

表情筋の中でも日常的に使われるのは約3割程度とも言われています。

日頃から意識して動かす習慣をつける事。
すると、たるみを防ぜるようになると言われています。

例えば、頬を膨らませるのと萎ませるのを交互に繰り返す。

又、「あいうえお」を思いっきり口を開きながら発声。
これらの動きだけでも普段使わない筋肉に刺激を与えるられるのです。

■目の疲れを取る!

目と口元は一見離れているように見えます。<,br> しかし、実は顔全体の筋肉はお互いに連動しあっています。

その為、密接な関わりがあります。

パソコンや読書等で目に疲労が溜まる。
すると、目の周囲の「眼輪筋」に疲労物質や毒素が溜まります。
それが、顔の下半分の筋肉を引っ張り下げてしまうと言われています。

オススメは長時間、目を酷使するような作業はなるべく避けましょう。

疲れた後はホットタオルや蒸気の出るアイマスク等で、しっかりケア。<,br> このような心掛けが大切です。

※ほうれい線対策にオススメのアイテム!

詳しくはこちら

頬のたるみを防ぐマッサージ

ほうれい線は、実は“頬のたるみ”も大きく影響を受けます。

加齢と共に頬の筋肉の弾力が低下。
すると序々にたるみが始まります。

これは頬を支える上部の側頭部の筋肉と下部の口元の筋肉の衰えが原因。

やがて頬全体の筋肉を支えられなくなり、ほうれい線が目立ってくるのです。

この対策としては、顔の“インナーマッスル”を鍛える事。
そうする事でほうれい線が目立ちにくいハリのある頬を作りましょう。

■頬のたるみを防ぐマッサージ

まず、その場で簡単に出来る頬の筋肉様マッサージについて。

1.人差し指・中指・薬指の3本で、頬骨のすぐ下をグッと押さえます。
2.その状態で皮膚ごと左右に大きく動かします。
  この時、指がずれて皮膚をこすらないよう注意しましょう。
3.10回動かしたら、3本の指を指1本分程下にずらし、同様の事を繰り返します。
  この作業を行う事で表情筋が衰えている人は、最初は筋肉痛のような痛みを感じます。

しかし、毎日続ける事でやがて序々に鍛えられ、痛みは治まるはずです。

■口を開けて頬を鍛えるエクササイズ

他にも、簡単なたるみ解消の方法はございます。

例えば、口を大きく「あ」の形に開け、そのまま頬を上部へ引き上げる。
この作業だけでも頬の筋肉を鍛えられるのです。

これは「あ」の発音まま笑おうとするイメージ。
慣れないうちは、何度か行っただけで頬が疲れるのを感じると思います。

又、「お」の発音形のまま両側の頬に手を添えて、10秒間止めます。
まるでムンクの叫びのような感じになります。

その後、両手で頬を上へ持ち上げ、再び10秒そのままに”!
たるんだ頬を正常な位置に戻すイメージで行うと良いでしょう。

基本的に顔のインナーマッスルを鍛える為に必要な事。
それは口を大きく開け、普段使わない筋肉に刺激を与える事であり、基本です。

次のようなお話もあります。

吹奏楽等でトランペットやチューバ、サックス等を吹いている人は顔が締まりやすい。<,br> これも口元の筋肉を常に使うからだと考えられますのです。

日常生活において読書、パソコンでの作業時に意識的に顔のパーツを動かすようにする。
それだけでもほうれい線が目立ちにくい頬になるはずです。

※ほうれい線対策にオススメのアイテム!

詳しくはこちら

正しい保湿ケアでほうれい線予防!

突然ですが、アンチエイジング世代の女性が抱える悩みランキング。

貴方は1位は何だと思いますか?

答えは、ほうれい線。
まず、大体当たっている箇所ですね。

特に加齢を気にする世代になった女性にとって、鼻の脇から伸びたあのライン。
鏡で見る度にがっかりする方が多い事でしょう。

そして、ほうれい線対策で大切な事。
それは、深くなる前にしっかりと対策を取る事です。

特に、何はなくとも保湿が最大の課題。

お手入れの成果はやがて数年後にまず表れます。

是非、今日から正しい保湿ケアを始めましょう。

■ローションパックでしっかり潤す!

ほうれい線やしみ・しわの悩みの根源と呼べるほぼ全ての加齢トラブル。
実はお肌の“潤い”不足なのです。

加齢が進むとお肌の保湿力が低下していき、やがて水分が失われ、弾力も低下。
気がついた時には若い頃には戻っていた肌の癖が、戻らなくなっています。

そこでお手入れにひと工夫。

例えば、化粧水。
30代に入ったら、さっぱり系のモノより、保湿効果の高い、とろみのある化粧水の使用がオススメ♪

そして、使用時でのワンポイント。
この時、表面だけ潤して満足してしまう人が実は多いのです。

しかし、肌の奥に届かせる為にも、化粧コットンに浸してパックするとより良いのです。

今は、ドラッグストアー等で最初からフェイスマスクの形をした化粧コットンも販売されています。
500円玉大の化粧水を浸したら、5分程しっかり顔パックしましょう。

それ以上の時間は逆に肌の水分が乾いたコットンに吸収されてしまい、逆効果に!

必ず時間はしっかり守りましょうね。

■美容液で真皮層に働きかける!

お肌を構成する真皮にまで届く保湿対策として欠かせないアイテム。
それが“美容液”。

数あるスキンケアアイテムの中でも、美容液は少量しか入っていない割に高価格。
その為クリームを購入する女性が多い傾向があります。

しかし、どちらか一方しか買えないのだとしたら、美容液を選ぶのが正解なのです。

実はクリームは乳液でも代用可能。
しかし、美容液は単体のアイテム。
その為、保湿用美容液を1本、必ず常備する事がベストなのです。

化粧水で顔パックをした後のお肌は、肌状態が整っています。
そこで美容液を吸収するのに最適なのです。

この時、是非、習慣にしたいのが使用回数を「2〜3回に分ける」事。
1回で全ての量を使ってしまうのとでは、お肌への吸収率が違ってくるのです。

まずは1回分をお肌に伸ばしたら、指の腹で馴染むようにして優しく擦り込みます。
特に乾燥の気になる目の周りや口元には、しっかりやりましょう。

数回に分ける事で、お肌は全ての美容液を確実に吸収してくれます。

その後、クリームや乳液でフタをすれば完成。
又、クリーム等で適度な油分を与える事も必要なのです。

正しいスキンケアで、ほうれい線が出来にくい潤いを是非、目指して下さい。

※ほうれい線対策にオススメのアイテム!

詳しくはこちら

お肌の曲がり角からのほうれい線予防

年齢を重ねるにつれて「しみ・シワ・たるみ...」等、多くの方が気にされますよね。

今回はその中でも最も老けて見える口元のシワ...
“ほうれい線”についてお話します。

ほうれい線が目立つ原因。
例えば、乾燥や、筋肉の衰え、加齢による老化等が挙げられます。

又、若い時にはあまり気にしなかった紫外線。
これにはたくさんの原因が潜んでいます!!

ほうれい線は、放っておくと、どんどん深いシワになってしまいます。

一般的に20代前半くらいまでの年齢。
多少のほうれい線もしっかり保湿ケアを行う。
すると、そんなに目立たなく進行するのも防げます。

しかし、30代になると表情筋が衰え、たるみが表れてきます。
そうなると、保湿に加え、表情筋を動かす顔の体操やマッサージ等も必要に!

ところで、「お肌の曲がり角は25歳」って聞いた事ありませんか?
そう。昔から言われてるように25歳くらいを目途に変わっていくんですね。

失礼ですが、今、このブログを読んで頂いてる貴方は何歳ですか?

まだ10〜20代の方は、ほうれい線を目立たせない!
そして、進行を防げる大事な時期なんです。

ほうれい線が目立たない、気にならない時期こそ!
しっかり化粧水や乳液で保湿し,お肌の水分を失わない事が大切。

そして、メイクは落として寝る事。これは鉄則です!!
つい、面倒になり、メイク状態のまま寝てしまう...
そんな経験ありませんか?

メイク状態の間は毛穴を塞いでいる状態。
お肌が呼吸出来ないとも言い換えられます。

そして、就寝時や食事にもほうれい線と関係があるんです。

寝る時間が不規則だと…

睡眠中に分泌されるホルモンのバランスが崩れが発生。
偏った食事でビタミン不足は皮膚の乾燥に繋がります。

若い時は乾燥こそほうれい線の原因に繋がるのです。

又、30代以降の方はやはり保湿だけでは防げなくなってきますよね。
乾燥に加え、加齢による筋肉の衰え。
これらが主に原因となって肌弾力の低下へ。

このようにほうれい線の状態。
年齢と共にどんどん深く刻まれていくんですね。

老いる事は止めれないけど、ほうれい線の進行。
これは遅らせる事が出来そうです。

お肌に良いとされるコラーゲンやビタミンC等の成分。
どのような食べ物に多く含まれているか、調べてみる。

こんな取り組みもオススメですよ(^−^)

※ほうれい線対策にオススメのアイテム!

詳しくはこちら

3分で出来ちゃいます!ほうれい線に有効、表情筋体操

貴方はほうれい線の“大敵”、何だと思いますか?

老け顔の要因であるほうれい線の目立ち。
これはお肌の保湿力及び弾力の低下。
その為、まず、空気の“乾燥”が挙げられます。

そして、もう一つが“たるみ”。
誰もが加齢と共にお顔の筋肉である表情筋も衰えてしまいます。
そこで体操で鍛えてあげる事が大切なのです。

特にオススメな部分は口元と頬。
これらに体操で刺激を与えましょう。

又、この体操はほうれい線の改善だけではなく、リフトアップ効果や小顔効果も期待出来ます。

是非、スキンケアの一貫として毎日、続けてみませんか?

■口元の筋肉を鍛える体操

小さな口で、モゴモゴと毎日話していると、口元の筋肉は衰えていくばかり。
このような時は、是非、体操時に「あ・い・う・え・お」を思いっきり口を開いて発声してみましょう。

恥ずかしがる必要はありませんよ!

この時、正面を向いたまま行う。
さらに上を見上げた状態で、又は、うつむいた状態で行うのも効果的です。

実は「あいうえお」発音は、いずれも口の開き方が全く違います。
その為、非常に良い刺激を口輪筋に与える事が出来るのです。

特に「う」の発音時は、口を思いっきりすぼめて前に突き出すのがポイントです。
世界的にも日本語の発音は、この口の形を作る機会がないことで知られています。

では、タコになったつもりで「う」を作って発音してみましょう。
大切な作業ですよ。

■頬の筋肉をきたえる体操

ほうれい線はやはり頬の部分が印象強い部分。
そこで頬の筋肉を鍛える事も必要です。

これを実践する方法をご紹介しましょう。

まず、 笑顔を作り、右の口角だけを上げて右目を“ウインク”します。
やれましたか?

次に左側も同様に行いましょう。

実はこの作業を繰り返す事で分かる事。
それは、作業のリズミカルさが頬の筋肉が刺激されるのが分かってくるのです。

又「お」の発音の口にして顔を縦長に伸ばしてみましょう。

次に「あ」の発音の口にして頬の筋肉が上がるようにしましょう。
これらを「お・あ・お・あ」と何度か繰り返すのです。

毎日、只、平凡に過ごしているだけでは、中々表情筋を鍛える機会がありません。
鏡に向かってお肌のお手入れを行う。
その時にもついでに是非、これらの運動を継続的にしてみましょう。

※ほうれい線対策にオススメのアイテム!

詳しくはこちら

ちょっとユニークなほうれい線予防法

ふと鏡に映る自分の顔を見て、次のように思った経験ありませんか?
“ん!何か老けた…?”

そう感じてしまう原因。

それは、うっすらと線を刻むほうれい線が原因かもしれません…

ほうれい線は目立ってしまうと起きてしまう事。
それは一気に老けて見えてしまう
早めに何とかしたいですよね。

そんな気になるほうれい線に効くと評判の!ユニークな顔体操をご紹介します。

よく、子供の頃にふざけて、唇をブルブル〜と振るわせた!
そう言う記憶はありませんか?
タラコ唇のように…。

そう、それを思い出してみて下さい。

やり方ですが、
ー蠅埜角(口の両脇)を押さえて上に持ち上げます。
(横に引っ張りつつ上に持ち上げる)

△修両態で深く息を吸ってから、唇をブルブルと振るわせます。

※1セットを10〜20秒とし、これを1日に5セット行います。

10〜20秒といっても、ブルブルをしながらだと結構、キツイですよ。

ポイントは,了にあまり口角を引っ張りすぎないように適度に力を抜く事。
張り切りすぎないで下さいね。

この体操をすると口輪筋が鍛えられてきます。
すると継続的に行うことにより、次第にほうれい線が目立たなくなってきます。

又、口角も自然と上がってきますよ。

仕事の合間など、手が空いた時にできるのでとってもお手軽です。

是非お試し下さい。

※ほうれい線対策にオススメのアイテム!

詳しくはこちら