ここでクリア
関連商品キーワード検索 :プラワンシー ハンスキン エチュードハウス BBクリーム ヘアワックス
ヘアアイロン 選び方 髪の毛 粉
RSS
 

悩み別・アイテム別

悩み別・アイテム別から!!美shopスタイルランド

上記からお悩みやお求めの化粧品を探しやすくなりました。

又、韓国コスメ関連や頭部の薄い方に関するお話、
そして、ヘアメイク・ヘアスタイルに関するよもやま話は↓↓↓で お聞き頂けます。

韓国コスメ薄毛抜け毛対策ヘアスタイルラボ

8月中旬を過ぎてから

8月中旬のお盆を過ぎた頃から陽の長さがやや短くなったのをきっかけに、暑さも少しずつ変化していくのも感じる事と思います。
しかし、気温が急上昇する残暑対策は頭に入れて置きたいものです。
この頃にはお肌の夏の疲れがだんだん出てくる頃でもあります。特に紫外線や高温が原因となりますが、身体全体も疲労が蓄積しているはずです。なかなか疲れが取れない、寝付けられない等という方、いらっしゃいませんか?
冬場の乾燥肌対策についても考えたいので、十分にお肌・髪そして身体を休ませ、適応出来るようにして置きたい重要な時期でもあるのです。

暑さからの汗を抑えるには

8月に入り、猛暑が続いていますが、日中の35度越えからは汗を額から、身体から吹き出るように出てきます。
顔から汗が噴き出たままでは皮脂も大量に残りやすくなり、お肌への影響も出てきます。体調面では集中力が徐々になくなって、ちょっとしたミスをしやすくなる傾向があります。
では汗を何とかするには?!となりますと額のちょっとした汗はタオルやハンカチで適度に拭けば良いですが、出来れば吹き出てくるのを抑えたいもの。
そこでお手軽な方法としては、冷却剤入りのタオル等で首周りを軽く冷やす。これが首を中心にしてリラックス効果も出てきます。
さらに京都の舞妓さんの知恵から出てきた方法として、胸回りを紐等でギュッとしばる方法。これは汗線を抑える事で汗が出にくくなると言われております。
いずれにせよ、大量の汗をかいた姿を長時間見られるのは控えたいですね。

BBクリームを塗る前に熱さと冷たさのケアは

蒸し暑い梅雨の日が続くと思っていたら、急に梅雨明けになり一転猛暑に!!
熱中症等で気分が悪くなる方は続出していると思いますが、
お肌は紫外線に加え、熱による肉体的ダメージや水分不足等でかなり悲鳴を上げています。
このような暑い日においてのお出掛け時にBBクリームでのお手軽メイクは非常に助かりますが、当店としてはその前に是非、“爽快感”を味わって頂きたいのです。
暑さで動作も判断も鈍くなりますが、蒸しタオルとお水に浸してギュッと搾った後、短時間の間に冷蔵庫に入れておいたタオルをまずご用意下さい。
これらをメイク前にまず蒸しタオル、続いて冷水タオルを数分交互に顔に当てるだけです!!
さっぱりとして目が覚めてからメイクをどうぞ。

BBクリームを含めたコスメを暑い時期に使用する場合

今年は九州北部で豪雨が続いたり、梅雨の時期でも全国的にかなり蒸し暑い日々が続いています。
このような時は体調不良に陥りやすいので、基礎化粧やメイク前にまず体調のチェックをする事をオススメします。
そしてお肌も汗が大量に出るため、皮脂の量も異常に多かったりします。
気分が安定していないとメイク時にも細かい部分まで目が届きにくいと思います。
まず基本的な事として“爽快感”を最初に体に与えるようにしてみてはいかがでしょうか?
例えば、最初に蒸しタオルで数分、お肌に当て、次に冷水に浸してしっかりしぼったタオルを顔に当ててみる。
蒸しタオルの効果で毛穴が開きやすくなり、毛穴の汚れをまずサッと取る事が出来ます。そして冷水効果でさっぱり感を味わえます。
このようなちょっとした事で気分が変わり、基礎化粧やメイクに対しても冷静さを甦らせたり出来ると思います。

BBクリームの利用と基礎ケア

BBクリームの最大の利点は1本で化粧水・美容液・ファンデーションやコンシーラーの役割を果たす為、
基礎化粧からメイクまでの時間を短縮出来る事と取り揃える化粧品のアイテムが抑えられるので
コスト面を低くできる事!!
たまに質問を頂く内容が「化粧水等は用意して、日頃のケアをしっかり行う事でお肌の良い状態も維持出来るのでは?」というものです。
結論から言えば、その通りです。
理想的な事はやはり基礎ケアにおいては、化粧水・美容液、さらに顔パックや洗顔石鹸・クレンジング材等を揃え、
丁寧に行う事。
そしてお気に入りのファンデーションを見つけたらそれでメイクへ。
“ブラミッシュバーム”と呼ばれたBBクリームが病院関係で利用されて後、
今日、多くの方で利用されるようになったのは現代社会における人々の生活スタイルも大きく影響している為だと思われます。

BBクリームを利用する時等、メイク時の工夫

BBクリームのようなマルチファンデーションは使い方の面から見ると非常な便利なアイテムです。
ただ、人それぞれ、日頃気になっているお顔のポイントがあると思います。例えば、目元のくすみや顔全体の明るさとか。
日頃のスキンケアにおいての気になる部分を無くしたり、目立たせなくなる努力も当然の事ながら重要ですが、
メイク時において例えば、BBクリームを塗った後、お顔を明るく見せるために明るい色目のファンデーションを塗ってアレンジするような工夫は個性を引き立たせると思います。

BBクリームを塗る前の簡単なケア

日頃、お肌のくすみが気になる方もいらっしゃると思いますが、
BBクリームにはファンデーション機能もあり、使用することで多少くすみを隠すことも出来ます。
しかし、やはり少しでもメイクに頼らずにくすみを目立たなくしたいものですね。冬場の寒い時期は余計に感じやすいと思います。
大事な事は日頃のくすみ対策!!
例えば塗る前の時間、電子レンジを使って出来た蒸しタオルを利用する事もオススメです。

BBクリームのUVカット規格

最近発売されているBBクリームのUVカット規格において、
SPF50 PA+++という高い数字のものが目立っております。
確かに数字上は高いものが効果的と考えられますが、大事なのは使用される方がどのような場合にご使用されるか?
そして配合成分がお肌に合っているか?このような事の方が重要だと思います。

当店の今までの販売してきました経験上ではSPF30 PA++ の規格でUV対策はまず問題ないと思われます。

敏感肌とBBクリーム

BBクリームはリキッドタイプのマルチファンデーション(厳密に言えばクリーム状)のため、お肌に成分が浸透しやすいタイプになります。
敏感肌の方、特に直ぐにお肌が荒れたり、赤くなる等の症状が出る方は成分がお肌への浸透がリキッドタイプに比べて遅い“パウダータイプ”のものをオススメします。

ハンスキン サンプロテクションパクトSPF42 PA+++はこちら