ここでクリア
関連商品キーワード検索 :プラワンシー ハンスキン エチュードハウス BBクリーム ヘアワックス
ヘアアイロン 選び方 髪の毛 粉
RSS
 

3分で出来ちゃいます!ほうれい線に有効、表情筋体操

貴方はほうれい線の“大敵”、何だと思いますか?

老け顔の要因であるほうれい線の目立ち。
これはお肌の保湿力及び弾力の低下。
その為、まず、空気の“乾燥”が挙げられます。

そして、もう一つが“たるみ”。
誰もが加齢と共にお顔の筋肉である表情筋も衰えてしまいます。
そこで体操で鍛えてあげる事が大切なのです。

特にオススメな部分は口元と頬。
これらに体操で刺激を与えましょう。

又、この体操はほうれい線の改善だけではなく、リフトアップ効果や小顔効果も期待出来ます。

是非、スキンケアの一貫として毎日、続けてみませんか?

■口元の筋肉を鍛える体操

小さな口で、モゴモゴと毎日話していると、口元の筋肉は衰えていくばかり。
このような時は、是非、体操時に「あ・い・う・え・お」を思いっきり口を開いて発声してみましょう。

恥ずかしがる必要はありませんよ!

この時、正面を向いたまま行う。
さらに上を見上げた状態で、又は、うつむいた状態で行うのも効果的です。

実は「あいうえお」発音は、いずれも口の開き方が全く違います。
その為、非常に良い刺激を口輪筋に与える事が出来るのです。

特に「う」の発音時は、口を思いっきりすぼめて前に突き出すのがポイントです。
世界的にも日本語の発音は、この口の形を作る機会がないことで知られています。

では、タコになったつもりで「う」を作って発音してみましょう。
大切な作業ですよ。

■頬の筋肉をきたえる体操

ほうれい線はやはり頬の部分が印象強い部分。
そこで頬の筋肉を鍛える事も必要です。

これを実践する方法をご紹介しましょう。

まず、 笑顔を作り、右の口角だけを上げて右目を“ウインク”します。
やれましたか?

次に左側も同様に行いましょう。

実はこの作業を繰り返す事で分かる事。
それは、作業のリズミカルさが頬の筋肉が刺激されるのが分かってくるのです。

又「お」の発音の口にして顔を縦長に伸ばしてみましょう。

次に「あ」の発音の口にして頬の筋肉が上がるようにしましょう。
これらを「お・あ・お・あ」と何度か繰り返すのです。

毎日、只、平凡に過ごしているだけでは、中々表情筋を鍛える機会がありません。
鏡に向かってお肌のお手入れを行う。
その時にもついでに是非、これらの運動を継続的にしてみましょう。

※ほうれい線対策にオススメのアイテム!

詳しくはこちら