ここでクリア
関連商品キーワード検索 :プラワンシー ハンスキン エチュードハウス BBクリーム ヘアワックス
ヘアアイロン 選び方 髪の毛 粉
RSS
 

お肌の曲がり角からのほうれい線予防

年齢を重ねるにつれて「しみ・シワ・たるみ...」等、多くの方が気にされますよね。

今回はその中でも最も老けて見える口元のシワ...
“ほうれい線”についてお話します。

ほうれい線が目立つ原因。
例えば、乾燥や、筋肉の衰え、加齢による老化等が挙げられます。

又、若い時にはあまり気にしなかった紫外線。
これにはたくさんの原因が潜んでいます!!

ほうれい線は、放っておくと、どんどん深いシワになってしまいます。

一般的に20代前半くらいまでの年齢。
多少のほうれい線もしっかり保湿ケアを行う。
すると、そんなに目立たなく進行するのも防げます。

しかし、30代になると表情筋が衰え、たるみが表れてきます。
そうなると、保湿に加え、表情筋を動かす顔の体操やマッサージ等も必要に!

ところで、「お肌の曲がり角は25歳」って聞いた事ありませんか?
そう。昔から言われてるように25歳くらいを目途に変わっていくんですね。

失礼ですが、今、このブログを読んで頂いてる貴方は何歳ですか?

まだ10〜20代の方は、ほうれい線を目立たせない!
そして、進行を防げる大事な時期なんです。

ほうれい線が目立たない、気にならない時期こそ!
しっかり化粧水や乳液で保湿し,お肌の水分を失わない事が大切。

そして、メイクは落として寝る事。これは鉄則です!!
つい、面倒になり、メイク状態のまま寝てしまう...
そんな経験ありませんか?

メイク状態の間は毛穴を塞いでいる状態。
お肌が呼吸出来ないとも言い換えられます。

そして、就寝時や食事にもほうれい線と関係があるんです。

寝る時間が不規則だと…

睡眠中に分泌されるホルモンのバランスが崩れが発生。
偏った食事でビタミン不足は皮膚の乾燥に繋がります。

若い時は乾燥こそほうれい線の原因に繋がるのです。

又、30代以降の方はやはり保湿だけでは防げなくなってきますよね。
乾燥に加え、加齢による筋肉の衰え。
これらが主に原因となって肌弾力の低下へ。

このようにほうれい線の状態。
年齢と共にどんどん深く刻まれていくんですね。

老いる事は止めれないけど、ほうれい線の進行。
これは遅らせる事が出来そうです。

お肌に良いとされるコラーゲンやビタミンC等の成分。
どのような食べ物に多く含まれているか、調べてみる。

こんな取り組みもオススメですよ(^−^)

※ほうれい線対策にオススメのアイテム!

詳しくはこちら