ここでクリア
関連商品キーワード検索 :プラワンシー ハンスキン エチュードハウス BBクリーム ヘアワックス
ヘアアイロン 選び方 髪の毛 粉
RSS
 

正しい保湿ケアでほうれい線予防!

突然ですが、アンチエイジング世代の女性が抱える悩みランキング。

貴方は1位は何だと思いますか?

答えは、ほうれい線。
まず、大体当たっている箇所ですね。

特に加齢を気にする世代になった女性にとって、鼻の脇から伸びたあのライン。
鏡で見る度にがっかりする方が多い事でしょう。

そして、ほうれい線対策で大切な事。
それは、深くなる前にしっかりと対策を取る事です。

特に、何はなくとも保湿が最大の課題。

お手入れの成果はやがて数年後にまず表れます。

是非、今日から正しい保湿ケアを始めましょう。

■ローションパックでしっかり潤す!

ほうれい線やしみ・しわの悩みの根源と呼べるほぼ全ての加齢トラブル。
実はお肌の“潤い”不足なのです。

加齢が進むとお肌の保湿力が低下していき、やがて水分が失われ、弾力も低下。
気がついた時には若い頃には戻っていた肌の癖が、戻らなくなっています。

そこでお手入れにひと工夫。

例えば、化粧水。
30代に入ったら、さっぱり系のモノより、保湿効果の高い、とろみのある化粧水の使用がオススメ♪

そして、使用時でのワンポイント。
この時、表面だけ潤して満足してしまう人が実は多いのです。

しかし、肌の奥に届かせる為にも、化粧コットンに浸してパックするとより良いのです。

今は、ドラッグストアー等で最初からフェイスマスクの形をした化粧コットンも販売されています。
500円玉大の化粧水を浸したら、5分程しっかり顔パックしましょう。

それ以上の時間は逆に肌の水分が乾いたコットンに吸収されてしまい、逆効果に!

必ず時間はしっかり守りましょうね。

■美容液で真皮層に働きかける!

お肌を構成する真皮にまで届く保湿対策として欠かせないアイテム。
それが“美容液”。

数あるスキンケアアイテムの中でも、美容液は少量しか入っていない割に高価格。
その為クリームを購入する女性が多い傾向があります。

しかし、どちらか一方しか買えないのだとしたら、美容液を選ぶのが正解なのです。

実はクリームは乳液でも代用可能。
しかし、美容液は単体のアイテム。
その為、保湿用美容液を1本、必ず常備する事がベストなのです。

化粧水で顔パックをした後のお肌は、肌状態が整っています。
そこで美容液を吸収するのに最適なのです。

この時、是非、習慣にしたいのが使用回数を「2〜3回に分ける」事。
1回で全ての量を使ってしまうのとでは、お肌への吸収率が違ってくるのです。

まずは1回分をお肌に伸ばしたら、指の腹で馴染むようにして優しく擦り込みます。
特に乾燥の気になる目の周りや口元には、しっかりやりましょう。

数回に分ける事で、お肌は全ての美容液を確実に吸収してくれます。

その後、クリームや乳液でフタをすれば完成。
又、クリーム等で適度な油分を与える事も必要なのです。

正しいスキンケアで、ほうれい線が出来にくい潤いを是非、目指して下さい。

※ほうれい線対策にオススメのアイテム!

詳しくはこちら