ここでクリア
関連商品キーワード検索 :プラワンシー ハンスキン エチュードハウス BBクリーム ヘアワックス
ヘアアイロン 選び方 髪の毛 粉
RSS
 

頬のたるみを防ぐマッサージ

ほうれい線は、実は“頬のたるみ”も大きく影響を受けます。

加齢と共に頬の筋肉の弾力が低下。
すると序々にたるみが始まります。

これは頬を支える上部の側頭部の筋肉と下部の口元の筋肉の衰えが原因。

やがて頬全体の筋肉を支えられなくなり、ほうれい線が目立ってくるのです。

この対策としては、顔の“インナーマッスル”を鍛える事。
そうする事でほうれい線が目立ちにくいハリのある頬を作りましょう。

■頬のたるみを防ぐマッサージ

まず、その場で簡単に出来る頬の筋肉様マッサージについて。

1.人差し指・中指・薬指の3本で、頬骨のすぐ下をグッと押さえます。
2.その状態で皮膚ごと左右に大きく動かします。
  この時、指がずれて皮膚をこすらないよう注意しましょう。
3.10回動かしたら、3本の指を指1本分程下にずらし、同様の事を繰り返します。
  この作業を行う事で表情筋が衰えている人は、最初は筋肉痛のような痛みを感じます。

しかし、毎日続ける事でやがて序々に鍛えられ、痛みは治まるはずです。

■口を開けて頬を鍛えるエクササイズ

他にも、簡単なたるみ解消の方法はございます。

例えば、口を大きく「あ」の形に開け、そのまま頬を上部へ引き上げる。
この作業だけでも頬の筋肉を鍛えられるのです。

これは「あ」の発音まま笑おうとするイメージ。
慣れないうちは、何度か行っただけで頬が疲れるのを感じると思います。

又、「お」の発音形のまま両側の頬に手を添えて、10秒間止めます。
まるでムンクの叫びのような感じになります。

その後、両手で頬を上へ持ち上げ、再び10秒そのままに”!
たるんだ頬を正常な位置に戻すイメージで行うと良いでしょう。

基本的に顔のインナーマッスルを鍛える為に必要な事。
それは口を大きく開け、普段使わない筋肉に刺激を与える事であり、基本です。

次のようなお話もあります。

吹奏楽等でトランペットやチューバ、サックス等を吹いている人は顔が締まりやすい。<,br> これも口元の筋肉を常に使うからだと考えられますのです。

日常生活において読書、パソコンでの作業時に意識的に顔のパーツを動かすようにする。
それだけでもほうれい線が目立ちにくい頬になるはずです。

※ほうれい線対策にオススメのアイテム!

詳しくはこちら