ここでクリア
関連商品キーワード検索 :プラワンシー ハンスキン エチュードハウス BBクリーム ヘアワックス
ヘアアイロン 選び方 髪の毛 粉
RSS
 

ほうれい線予防の4つのポイントとは?

加齢の象徴とも言えるほうれい線。
特に女性の方はなるべく目立つ前に予防したいですよね。

20代後半頃から予防対策のケアを実践。
そうする事でほうれい線の目立ちの速さをかなり遅らせる事が可能だと思います。

■保湿第一!

お肌の“保湿”の意義。
それは、しみ・しわ・ほうれい線という3大老化サインを防ぐ最も重要なケア。

乾燥して潤い不足が深刻になるほど皮膚の弾力が失われていきます。,br> そして、やがて、元通りに戻りにくくなってしまいます。

30歳に年齢が近づいた時、オススメしたい事。
それはヒアルロン酸やコラーゲンなどを配合した化粧水の使用。

適当にバシャバシャと量を多くつけるは避け、しっかり指の腹で押さえ込むのがポイント。

もしくは化粧コットンにたっぷり液を浸して顔パック♪
特にほうれい線が目立つ口元には重ねづけしましょう。

■紫外線対策!

紫外線は日焼けによるしみを作るだけではありません。
ほうれい線の大きな原因にもなるのです。

私たちの皮膚は表皮・真皮・皮下組織という3層構造で構成。
紫外線は外側にある表皮を通り越して、真皮層にまで達してしまいます。

すると、真皮層にあるコラーゲンやヒアルロン酸が破壊される事に。
これが原因で肌の弾力が失われていきます。
そして、ほうれい線が出来やすくなってしまうわけです。

勿論、お肌の水分も蒸発させてしまいます。

その為、乾燥状態も悪化。
しみ及びほうれい線対策としてもUVカットは非常に重要なのです。

■表情筋を鍛えましょう!

加齢と共に顔を構成する「表情筋」が弱まる事。
これもほうれい線の要因となります。

表情筋の中でも日常的に使われるのは約3割程度とも言われています。

日頃から意識して動かす習慣をつける事。
すると、たるみを防ぜるようになると言われています。

例えば、頬を膨らませるのと萎ませるのを交互に繰り返す。

又、「あいうえお」を思いっきり口を開きながら発声。
これらの動きだけでも普段使わない筋肉に刺激を与えるられるのです。

■目の疲れを取る!

目と口元は一見離れているように見えます。<,br> しかし、実は顔全体の筋肉はお互いに連動しあっています。

その為、密接な関わりがあります。

パソコンや読書等で目に疲労が溜まる。
すると、目の周囲の「眼輪筋」に疲労物質や毒素が溜まります。
それが、顔の下半分の筋肉を引っ張り下げてしまうと言われています。

オススメは長時間、目を酷使するような作業はなるべく避けましょう。

疲れた後はホットタオルや蒸気の出るアイマスク等で、しっかりケア。<,br> このような心掛けが大切です。

※ほうれい線対策にオススメのアイテム!

詳しくはこちら