ここでクリア
関連商品キーワード検索 :プラワンシー ハンスキン エチュードハウス BBクリーム ヘアワックス
ヘアアイロン 選び方 髪の毛 粉
RSS
 

ほうれい線対策には、正しい保湿ケアを

あるランキングをチェックしてみました。
それは、“アンチエイジング世代の女性が抱える悩みランキング”。

すると大体1位に輝いているもの。

それが、“ほうれい線”です。

ゴルゴライン等ともミドルエイジの象徴。
鼻の脇から伸びたラインを鏡で見るたびにガッカリしてしまう。
そのような女性の方は多くいらっしゃいますよね。

このほうれい線ですが、症状が深くなる前に対処!
これが実は大切なのです。

つまり、事前に防ぐ事。

特にまずは保湿が最大の課題。
数年後に大きな差が現れます。

是非、今日から正しい保湿を始めましょう。

■ローションパックでしっかり潤す!

“しわ”も“しみ”も“ほうれい線”にも通じる事。
それは、ほぼ全ての加齢トラブルの根源は肌の潤い不足。

加齢と共に水分が失われ、弾力が低下。
それが原因で若い頃には戻っていた肌の癖が戻らなくなっていきます。

まず、30代に入ったらさっぱり系の化粧水よりオススメのアイテム。
それは、保湿効果の高い、とろみのある“化粧水”。
こちらのご使用はいかがでしょう。

この時、表面だけ潤して満足してしまう人が多い傾向があります。
しかし、肌の奥に届かせる事が大切なのです。

その為にも化粧コットンに浸しての“顔パック”がオススメ。
最初からフェイスマスクの形をしたモノも販売されております。

それを利用して500円玉大の化粧水を浸す、。
その後、5分程度しっかりパックしましょう。

それ以上置くと逆に肌の水分が乾いたコットンに吸収。
かえって状態が悪化してしまう為、必ず時間を守ることがコツです。

■美容液で真皮層にはたらきかける!

真皮にまで成分が届く保湿対策として欠かせないアイテム。
それが“美容液”です。

スキンケアアイテムの中でも美容液は少量しか入っていない割に高価。
その為、クリームを利用する女性が多い傾向です。

しかし、どちらかしか購入出来ないとしたら、美容液を選ぶのが正解。
クリームは乳液で代用も可能。

しかし、美容液の代用品はないのです。

保湿美容液を1本、必ず常備しておきましょう。

また、化粧水での顔パック後のお肌は美容液を吸収するのに最適な状態です。

この時、是非、習慣にしたい事が「作業を2〜3回に分ける」事。
1回で全ての量を使ってしまうのとでは、肌への吸収率が違ってくるのです。

まずは1回分を肌に伸ばした後、指の腹で押し込むように馴染ませます。

特に乾燥の気になる目の周りや口元にはしっかりと行う事がオススメ。
数回に分ける事でお肌は全ての美容液の成分を確実に吸収してくれます。

その後、乳液やクリームで上から蓋をして完成。
但し、クリーム等での適量な油分の補給も念頭に置きましょう。

このようにして正しいスキンケアでほうれい線と無縁の潤い肌を目指しませんか。

※ほうれい線対策にオススメのアイテム!

詳しくはこちら